Click Here!
Active Click!

児童養護施設でまた体罰があった。


 2000年 6月30日付 しんぶん赤旗によると・・・

「北九州市保健福祉局は29日、同市の児童養護施設で男性指導員(26)が小学4年の男子児童(10)の顔を平手でたたき、1週間の入院を要するけがを負わせていたことを明らかにしました。児童は口の中を約2センチ切り、化のうするなど症状が悪化し、入院して治療を受けています。」 (新聞にはもっと詳しく掲載されています)

 ここ最近、児童養護施設内における体罰(虐待)が明るみに出てきて、テレビや新聞でも報道されました。これがまた嫌な報道です。

 絶対あってはならないことです。

 大人が手を出して、それも入院させるほどの怪我を負わせる・・・というのは、誰が聞いても批判されると思います。決して誰も肯定しないでしょう。他の児童も見ています。大人不信を抱きながら入所してくるわけですから、不信感をみんなに助長するようなものです。恐怖感を与えるだけです。

 全国的に(ニュースなどによりますと)小学生にしても学校教育が悪いのか、教育そのものの問題が社会的にあるのか解りませんが、言うことを素直に聞けないと言うか素直になれない子どもたちが増えてきているのは確かだと思っています。

 また、保健室登校や不登校が全国的に増加してきていると言います。施設に入所してくる子どもたちは、もっと計り知れない重た〜い物を持っていると思います。

 普通より忍耐と体力と精神力が必要になってきます。自分を冷静に見つめる時間が欲しいですね。

 こんなこと言っている私も日々葛藤の連続です。

 





戻る   目次へ